目のくまの原因

目のくまができると、不健康そうに見えたり、10歳老けて見えたりなどイイことがありませんよね。目元の美しさがなくなるから、女性の美の大敵です。さて、目のクマができる部分の皮膚は、たった0.6mmしかない、体の中で一番薄い部分なんです。なので、皮膚の下のトラブルが、うっすら透けて黒っぽく見えるのですが、これがくまの原因の1つなんですよ。

血行不良によるうっ血や、シミやくすみの原因となるメラニン色素がたまったりなど、くまができる原因はたくさんあり、くまは3つのタイプに分けられます。これらのくまの原因を1つずつチェックしてみましょう。

色素沈着

通称「茶くま」。茶色いクマ。目元にできたメラニン色素が原因の、しみやくすみの仲間です。紫外線・赤外線、乾燥、こすりすぎなど皮膚ダメージが原因です。お肌のしみやくすみが気になり始めたら茶くまかもしれませんね。

茶くま解消法はこちら

血行不良と肌荒れ

通称「青くま」。青っぽい、またはムラサキっぽく見えるクマです。睡眠不足で血のめぐりが悪くなり黒ずんだ血がたまってできるくまとして知られています。実は、肌荒れが原因であることが多いことは知られていません。お化粧ののりが悪くなったと感じる人は青くまの疑いあり!

青くま解消法はこちら

たるみによるもの

通称「黒くま」。年齢による目元のたるみが黒くまの原因です。上まぶたの皮や脂肪が下まぶたにさがってクマになるります。また、小じわの影がクマになることもあり「影くま」と呼ばれています。

黒くま解消法はこちら

目のくまって遺伝するの?

うそのようなホントの事実ですが、目のクマは遺伝する性質があります。家族の中で、くまができやすい人がいるなら、早めの目元ケアがくま予防になりますよ。もし、遺伝でも心配しないでくださいね。くまのもととなるシミやくすみは、アイクリームでお肌のターンオーバーを整えると改善できます。